和歌山で探した脱毛サロンに行った時の話。

和歌山在住のあまねです。
私の昔の話をしましょうか。

小学校の中学年くらいからムダ毛が気になるようになりました。

全体的に濃かったので、どの部分に生えているムダ毛も嫌だったのですが、一番嫌だったのがわき毛です。

剃っても黒いぶつぶつになってしまいます。
かと言って抜いてしまうと赤く腫れてしまうことがありました。
それでも、黒いぶつぶつよりはましだったので、プールの時は必ず抜くようにしていました。

しかし、プールの季節が終わりわき毛の処理をしなくなると、以前生えていたものよりも濃いわき毛が生えてくるようになりました。

そしてまた次の年のプールの季節になると、わき毛を抜くことになるのですが、やはりまた生えてくるときには濃くなっているのです。

それを数年繰り返し、私のわき毛は剛毛になってしまいました。

そもそもほとんど泳げなかったのでプールそのものが嫌いでしたが、わき毛のこともあるのでなおさらプール嫌いになりました。

そのため夏が憂鬱で仕方ありませんでした。

何度か体調不良と偽って見学をしたこともあります。

大人になってからは友達から海に誘われても断るようになりました。

海で遊ぶのは好きですが、水着を着たくないのです。

今思えば、脱毛サロンに行って綺麗に処理してもらえばよかったのですが、当時はとにかく脇を晒したくないという気持ちしかありませんでした。

そのせいで夏は楽しい思い出がありません。

そんな学生時代を過ごして、今では子供が生まれ、そのうち一緒に海やプールに行く機会が増えると思うので、その際にはサロンで綺麗に脱毛してもらおうと思います。